生理中の不快感。腹痛やイライラはもちろん、全体的な不快感や食欲増進など体調の変化は様々ですよね。

その中でも、眠れない、眠りが浅い。
また眠気がひどいなど、睡眠の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

睡眠の質はどうやって改善される?

生理周期によって変動する女性ホルモンの波が、女性の睡眠サイクルや眠りの質に関係していることがあります。
生理時期により眠たくなる人もいますし、寝つきが悪くなる人もいます。

もし睡眠の問題が生理に関係したものであれば、低用量ピルはホルモンバランスをコントロールしますので、睡眠の質を高めるのにも有効です。

ピルを飲むことにより、通常時よりも女性ホルモンの量の変動が少なくなり、血中のホルモン量が安定した状態が続きます。
その効果により、女性ホルモンの急激な変化による月経前症候群(PMS)が緩和されます。

そして、精神的にも肉体的にも安定し、イライラなどの不快症状がやわらぐことで、良質な睡眠を助けてくれます。

ホルモンバランスの変化による症状

・ホルモンバランスの変化

月経周期をコントロールするホルモンに、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。

排卵から月経直前にかけて盛んに分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵から次の生理にかけて分泌され、月経前症候群(PMS)を引き起こす原因となります。

・不眠の症状

プロゲステロン(黄体ホルモン)が起こす症状として言われているのが、睡眠の質を下げることです。

ホルモンが分泌されている生理期間中は、基礎体温が上がり、昼と夜の体温差がなくなります。
通常、夜は体の深部の体温が下がって眠りを誘いますが、この時期は体温が一定のため体が睡眠モードに切り替わらず不眠になる場合があります。

・眠気の症状

生理中に眠くてたまらない症状も、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が大きく影響しています。

月経後から排卵にかけてはエストロゲンが、排卵後にはプロゲステロンが多く分泌されます。
プロゲステロンには眠気をきたす働きもあり、プロゲステロンが分泌される時期には眠くなることが多いようです。

体温の変動が少なく、体温が高い状態が続きので、日中は眠くなったりするんですね。

プロゲステロンは、体を休ませようとする作用があるため、ダルい、熱っぽい、眠くてたまらないなどの症状があらわれる人は多いようです。この眠気は睡眠薬にも匹敵すると言われています。

日中は眠く、夜は良質な睡眠を取れない。これではイライラもしますし、体力も奪われてしまいますよね。

CPAP(シーパップ)療法による睡眠の改善

睡眠に問題がある場合、もしかすると睡眠中に無呼吸になる、無呼吸症候群かもしれません。
無呼吸症候群は10秒以上呼吸が止まる症状が、一晩の睡眠中に30回以上続くことです。
もしそういった症状が見られる方は病院にかかり、CPAP療法を試してみるとよい結果が出るかもしれません。

詳しくは下記のサイトなど参考にしてください。

>CPAPを個人輸入で購入する
>マイCPAP購入生活

>>低用量ピルの飲み方について
>>低用量ピル 通販 個人輸入での購入
>>低用量ピルの値段について
>>オンライン診療で低用量ピルを購入する
>>低用量ピルの基本情報、効果・副作用について