低容量ピルを購入する方法として、最も一般的なものは病院やクリックなどで受診して購入することだと思います。

低用量ピルは医薬品に当たりますので、ドラッグストアや薬局で購入することができません。
こうなってくると面倒ですよね。

そこで、このページでは海外のサイトから商品を通販で購入する「個人輸入代行」のおすすめサイトをいくつか紹介します。

通販サイトのメリットは、なにより価格が安いことです。
価格を比較したページが こちらにありますので、比べてみてください。圧倒的に通販の方が安いです。

海外のサイトから通販で購入する方法

海外のサイトで・・・というと難しく思ってしまいますが、ここでおすすめするサイトは日本語サイトです。
海外なのに日本語?と変に感じるかもしれません。

これには理由がありまして、先に記載した通りドラッグストアや薬局で低用量ピルは販売できないのですが、これを定めているのが薬機法で、日本の法律になります。

そのため、海外で低用量ピルの販売ができるかとうかは、その国の法律によって変わってきます。

つまりは低用量ピルが医師の処方なく販売できる海外の国から、個人輸入をしてしまえば問題ないことになります。

ただし個人で輸入するとなると、言葉や手続きが分からなかったり、商品が届かなかったりするリスクがあります。
それらを回避するために、個人輸入の代行をしてくる仲介サイトを使って購入するのが最も簡単・安全かつ安く購入できる方法になります。

そして、この個人輸入代行の仲介サービスを日本人が行っているのが、日本語で海外の商品を購入できる理由です。

個人輸入代行サイトについてもう少し補足すると、個人輸入代行の仲介サービスを行う会社は、お客さんの欲しい商品を、海外のメーカーやお店から購入し、手数料を乗せた価格で販売します。

つまり仲介手数料で成り立っているビジネスです。

またこれは悪いことではなく、良い意味で。
ほとんどのサイトはニーズがある商品を在庫しておき、お客さんからのオーダーにすぐに対応できるようになっています。

つまり仲介手数料のビジネスというより、現地で大量購入して安く商品を仕入れ、それをサイトで販売する。
お客さんにとっては、日本語の通販サイトと同じで、お店はショップを運営している状態になっています。

なので、あなたはサイトでショッピングをするだけです。

ただ商品が海外から発送され、到着までに1週間ほど時間がかかるだけで、他の通販との違いはほとんどありません。
ただし留意する点はあります。

注文合計が16,666円以上の注文については、関税がかかることがあります。
低用量ピルであれば10箱以上の金額になりますので、1度の注文数はそれ以下になるようにしましょう。

低用量ピル 個人輸入おすすめのサイト

個人輸入サイトは大なり小なり数多くあります。
信頼できて、価格が安いサイトがみなさんの望むお店だと思いますので、運営の実績が長くて信頼できて、価格が安いサイトをいくつか紹介します。

オオサカ堂
創業20年超える老舗サイトです。レビュー投稿が多く、他の購入者の意見が参考になります。

ベストケンコー
創業10年超える実績があるサイトです。デザインも良く安心感があります。

お薬なび
こちらも老舗サイト。商品によってはこのサイトが一番安かったりします。